TOP > ハイドロキノンを使ったシミ治療

ハイドロキノンを使ったシミ治療

お肌にできてしまうシミというのは、どうしても老化現象の一つでもありますので、見た目的にあまりよくありませんし、お肌の悩みとして考えている方も多いようです。

できれば予防をして、出来づらい肌にしておきたいものです。たとえば、日焼け止めを使ったり、帽子や日傘を使って紫外線対策をしましょう。

紫外線を受けることで、メラニン色素が増えてしまいます。


さらに、日常的に美白化粧品を使うということもおすすめです。

これだけは知っておきたいシミ治療について解説いたします。

美白化粧品で、アルブチン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体などが含まれていると肌のメラニン色素を増やさないと効果が期待できます。



しかし、そういった努力をしていたとしても、微量ずつでも蓄積されてしまっていきますし、年齢とともにターンオーバーもしづらい状態になっていきますので、出来てしまったシミに関しては治療をすることで解決をしましょう。



治療は美容皮膚科や美容外科クリニックなどで行うことができます。ちなみに、レーザーを使うことが主流なのですが、フォトフェイシャル、イボ用のレーザー、サーマクール等さまざまなマシンがあるのですが、これらの治療では少し痛みを伴うことがあります。


場合によっては、麻酔を使うこともあるのですが、痛みが気になる方には苦痛な治療かもしれません。しかし、クリニックによってはハイドロキノンやレチノイン酸等の、塗り薬で対応してくれるところもあります。ハイドロキノンは漂白作用がありますので、シミに効果があります。