無線LANの方式と比較について

無線LANで使用する電波は周波数帯域で二つに分けられ、2.4GHzと5GHzがあります。

先行して使用されたのは2.4GHzであり、対応機器の発売から時間が経っているので安価で無線LANの構築ができます。普及率は高いのですが、住宅事情があまり良くない地域では、近隣世帯で一斉にこの周波数帯域での通信がなされる結果、電波干渉と混信によって安定した送受信ができない上に速度低下を引き起こします。後発の5GHz帯域の機器は2.4GHzの機器と比較して、電波帯域に余裕があるので混信や速度低下の心配はありません。

無線LANでは安定した通信だけでなく、通信のセキュリティにも気を配る必要があります。せっかく高速通信が手に入っても、傍受され個人情報が漏れることがあってはなりません。信号の暗号化によって情報漏えいを防ぐことが可能です。暗号化には、WEPやWPAやWPA2などがありますが、このうちWEPは比較的に容易に暗号解除がでされてしまうので、WEP以外の暗号化方式を推奨されています。

広い建物内では、部屋の隅々まで電波を到達させるのに1台の無線LAN親機では無理が生じるので、中継器やアクセスポイントの設置によって送受信エリアを広げることができます。光ファイバー網の構築とスマートフォン・タブレット端末の普及により、インターネットへのアクセスをだれでも簡単にできるようになりました。屋外での4G回線による高速通信を、家庭内でも実現できるのが無線LANによる通信です。周波数や暗号化や機器設置のノウハウを調べて比較をすることで、安価で快適で安心なアクセス環境の構築ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *