無線LAN関連の機器仕様と比較について

無線LANの構築には様々な方式や事例があるので、それらを比較検討して最適で安価なシステムの選択をすることが求められます。

建物が広い場合や構造が鉄筋コンクリート・鉄骨の建築物では、電磁遮蔽により無線LANの電波が通過せず遠方まで到達しないことがあります。この場合は、中継器やアクセスポイントを設置することよって問題なく送受信ができるようになります。

複数のアクセスポイントを置く時は、機器判別用の名称であるSSIDを別のものにしてしまうと、先行して接続したアクセスポイントの場所から別のポイント付近に移動した場合に、遠方となってしまった当初接続のポイントと繋がったままになってしまい、通信速度が出なくなります。

同一のSSIDとして登録をしておけば、速度低下が避けられます。無線の通信では有線と異なり傍受される恐れがあるので、信号の暗号化をして情報漏えいを防ぎます。WEPやWPAやWPA2などの暗号化があり、WEPは比較的に容易に解読ができてしますので、WPAとWPA2が推奨される暗号方式です。無線LANの電波には2.4GHzと5GHzがあり、2.4GHzが先行して使用されました。

機器費が安いのが2.4GHzの特徴です。集合住宅などでこの周波数帯域で通信が行われると、干渉と混信が生じてしまい通信の切断と速度の低下が起こります5GHzの機器は、周波数帯域に余裕があるため切断や速度低下が起こりにくいです。無線LANの機器を購入する前に、建物の広さと使用デバイス数や予算を決めた上で、比較検討することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *