無線LANには主に2つの形、比較で分かる各々の利点

無線LANには主に2つの形があり、それぞれにポジティブなポイントと気になる点が見られます。

長所と気になる特徴は常に表裏一体でありトレードオフの関係です。例えば、一つ目の形であるフリーの無線LANスポットは無料で使えるのが最大の利点です。カフェやホテル、大型の駅やショッピングモールに置かれています。

施設の中に入る事で接続可能となり、初めて利用する際はログインや簡単な手続きが要りますが、一度済ませたら後は無料でネット利用が可能です。フリーの無線LANスポットに繋ぐ事で、その間の通信量を実質的にゼロに出来ます。普通にキャリア回線を使うと通信制限の危険性が高くなったり、通信費が高くなるリスクに見舞われますが、フリースポットを活用すればOKです。

一方でセキュリティは平均的で、利用時間に制限があるのがネックです。二つ目の無線LANの形ですが、自宅でプロバイダ契約をして自前のルータを置くスタイルです。フリースポットと比較すると初期投資が面倒なのがネックですが、一度設置すれば後は文字通り自分専用のアクセススポットが自宅内に出来ます。

公共の場に行く事なくいつでも快適な通信が出来るのが利点です。他にも無料の無線LANと比較して、セキュリティ面に安心感がありますし、持ち運びが難しいテレビやIOT対応の家電、据え置き型ゲーム機などもオンライン化出来るのが長所です。家庭用のワイヤレスルータは既に数多く販売されており、実際に買う時はメーカーや価格帯で価格比較しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *